So-net無料ブログ作成
検索選択

トラックと正面衝突、ワゴン車の3人死亡…宮城(読売新聞)

 10日午前2時半頃、宮城県七ヶ宿町(しちかしゅくまち)の国道113号「西材木岩トンネル」入り口付近で、同県亘理町の荒木健二さん(75)が運転するワゴン車が、対向してきた山形県南陽市の高村仁さん(37)のトラックと正面衝突した。

 ワゴン車には亘理町内の4人が乗っており、このうち荒木さんと助手席の片岡敏男さん(76)、後部座席の片岡きみさん(73)の3人が、全身を強く打つなどしてまもなく死亡した。

 後部座席の佐藤直夫(ただお)さん(67)は重傷、トラックの高村さんは全身を打ったが軽傷で、いずれも意識はあるという。

 白石署で詳しい事故原因を調べている。

 現場は片側1車線の直線道路。調べによると、荒木さんたちは山菜採りに行く途中だったという。

<派遣法改正案>今国会の成立困難に…長妻厚労相(毎日新聞)
代表質問 谷垣総裁「バラマキ政策撤回を」(毎日新聞)
75歳女性、600万円入りポーチ奪われる(産経新聞)
はやぶさ後継機仕分け、枝野氏「工夫求めただけ」(読売新聞)
<未来の科学技術>31年に宇宙旅行 40年に有人月面基地(毎日新聞)

民主代表選 菅氏、余裕の表情 樽床氏は若さ前面に(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相の辞任表明を受け、3日行われた民主党代表選の出馬会見。菅直人副総理兼財務相(63)は質問に対し、「まだ代表にもなっていないので」との発言を繰り返しながらも、党内情勢をふまえてか、時に余裕の表情を見せた。樽床伸二衆院議員(50)は若さを押し出すものの、答えに詰まる場面もたびたびだった。

 菅氏は、事前に「立候補表明に当たって」と題したA4判の紙2枚を報道陣に配布。樽床氏と比べ、経験の豊富さをうかがわせた。

 首相に就任した際の組閣方針などを聞かれると、「仮定の問題をベースにいろいろ申し上げるのは差し控えたい」。質問に対し表情を変えずに明言を避ける場面が目立った。

 民放テレビ局の記者に「菅さんが代表になった時、真新しさという点からは若干劣る印象がある」と聞かれても、「民主党は給与の高いテレビ局の方よりもたくさんの資産を持っていない人が一般的」と皮肉り、「普通のサラリーマンの家に生まれた政治家として、こうした大きな役割をもし担うことができるとすれば、それは日本の政治にとって新しいことではないか」と答える余裕を見せた。

 財政再建策について問われると、身を乗り出し、熱っぽく持論を展開した。

 一方の樽床氏は「キーワードは世代交代」と強調。幼いころ、祖父がけがで失明したことに触れ、「父は苦労して私を育ててくれた。祖父や父の姿を見て、努力が報われる社会でなければという思いを強くした」と、政治信条を身ぶり手ぶりを交えて語った。

 ただし、前夜に出馬の意思を固めたということもあり、普天間飛行場移設問題への対応など、政策面での具体性の無さが目立った。出馬理由が煮詰まっていないとの指摘には、「批判は真摯(しんし)に受け止めたい」と準備不足を認めた。【曽田拓、福永方人、市川明代】

【関連ニュース
民主代表選:菅氏を岡田・前田氏が支持 樽床氏と一騎打ち
民主代表選:菅氏、3日夕に出馬会見 樽床氏も立候補へ
民主代表選:4日にも新内閣誕生 菅氏有力、枝野氏ら支持
民主代表選:菅氏つかず離れず 小沢氏と連携慎重
民主代表選:菅副総理が出馬の意向示す

<民主代表選>4日に組閣の方針確認 民主党(毎日新聞)
菅副総理が代表選出馬へ 首相に伝えたもよう(産経新聞)
<傷害>男に頭殴られ中2女子けが…名古屋の市道(毎日新聞)
野口さん搭乗のソユーズが帰還 カザフスタンに着陸(産経新聞)
「信頼回復が責務」と続投表明=経営陣処分は改めて明言―原発点検漏れで中国電社長(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。