So-net無料ブログ作成
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

内陸10キロに海の珪藻…古代遺跡が示す大震災「高さ10メートル津波」(産経新聞)

 飛鳥時代に築かれた国内最古のダム式灌漑(かんがい)用ため池として知られる大阪府大阪狭山市の狭山池一帯で、古代の地層から海に生息する植物性プランクトン「珪藻(けいそう)」の化石が多数確認されていたことが25日、わかった。同池は大阪湾の海岸線から約10キロ離れているが、研究者は古代、中世の東南海・南海地震による津波の爪痕(つめあと)と推測。大阪府は「現在では狭山池の津波被害はあり得ない」とするが、近い将来の発生が懸念される両地震の威力が、古代遺跡から伺い知れる貴重な事例となりそうだ。(小畑三秋)

 海抜70メートル前後の狭山池は7世紀前半に築かれ、奈良時代に高僧の行基が改修。今も灌漑用として機能している。

 大阪狭山市教委などが昭和63年〜平成8年に発掘調査。5世紀以降と16世紀以降のそれぞれ数百年間の地層から珪藻の化石が確認され、海で生息する珪藻が最大で全体の5割近く占めていたことが判明した。8世紀ごろと17世紀前後の大規模な地震による噴砂や地滑りの痕跡も確認された。

 大阪府文化財センターの山口誠治主査(保存科学)は、内陸にかかわらず海洋性の珪藻が多い点に着目。古文書などから、津波を伴う東南海・南海地震として、飛鳥時代(7世紀後半)と1605年2月の慶長大地震があったことがわかっており、狭山池で見つかった地震痕跡の時期と近いことから、珪藻は両地震の津波で大阪湾から運ばれた可能性があると推測した。

 海岸線と狭山池の間には丘陵地があることから、津波は直線的ではなく、北方にあたる現在の大阪市域を経由して狭山池に到達したとみられている。

 山口主査は「地層の堆積物から津波痕跡を見いだす取り組みはまだ少ないが、調査事例を増やして各地域の被害状況が把握できれば、地震対策の啓発につながる」と話す。

 一方、大阪府危機管理室によると、近い将来発生が懸念される東南海・南海地震では、大阪湾に達する津波は最大3メートルと予測され、現在は海岸や河川に設置している水門や防潮堤によって津波被害は防ぐことができると指摘。水門の閉鎖が遅れたとしても、浸水被害は大阪市大正区や堺市北西部の海岸沿いなどに限定され、狭山池のある地域には及ばないという。

 ただ、古代の地層分析による津波の痕跡は、大分大学などによる調査で、大分県東岸の佐伯市米水津(よのうづ)の池でも確認。18世紀前半の海の砂の層が数十センチ堆積(たいせき)し、宝永4(1707)年10月に発生した大地震による津波が原因と推定した。

 大分大によると、この池は海岸沿いにあるが、周囲が高さ10メートル以上で海の砂が平常時に入り込む可能性は考えられず、高さ10メートル以上の津波が襲ったとみられる。千田昇教授(変動地形学)は「数十年以内に東海、東南海、南海の3つの地震が同時に起こる可能性もある。古代の地層を調べることで地震被害の大きさを想定し、防災対策に役立てることが重要」としている。

 【用語解説】東海・東南海・南海地震

 フィリピン海プレートが陸側のユーラシアプレートにもぐり込むことによって、100〜150年ごとに発生するとされる海溝型地震。伊豆半島から九州南岸までが大きな被害を受けるとされ、静岡や和歌山などで最大震度7、津波の高さは最大12メートルと予測されている。東南海・南海地震が同時に起こった場合、死者は最大1万8千人、36万棟が全壊すると想定されている。

【関連記事】
聖徳太子の弟の墓? 塚穴古墳に人工築山、風水意識か
卑弥呼の宮殿、最古の旧石器… 古代史ロマンが次々と 09年発掘回顧
平城宮朱雀門は単層だった? 奈文研室長が新説
落とし物?リサイクル? 難波宮跡近くで藤原宮の瓦出土
纒向遺跡中枢域は“水の宮殿” 3方に河川と人工水路

全国初のサッカーくじ偽造事件 夫が手をそめたワケは…(産経新聞)
臨時接種に「2類」創設へ=弱毒性新型インフルに対応−厚労省審議会(時事通信)
小沢氏に収支概要報告=石川議員、陸山会04年分−貸付8億円、収入6億円(時事通信)
山田・京都府知事が3選出馬を表明(産経新聞)
手作りボートを試そうとして事故、60歳男性死亡 千葉(産経新聞)

子育て支援策 「ビジョン」閣議決定 認可保育所の定員増(毎日新聞)

 政府は29日、今後5年間の子育て支援策や数値目標をまとめた「子ども・子育てビジョン」を閣議決定した。待機児童解消に向け、認可保育所の定員を毎年約5万人ずつ、5年間で計26万人増やすと明記。小学校1〜3年生が対象となる児童クラブの定員も、現行の81万人から111万人まで増員し、「児童3人に1人」が利用できるようにする。

 ビジョンは基本理念として「社会全体で子育てを支える」と強調した。支援策は子ども手当の創設や、高校の実質無償化などの「現金給付」と、待機児童解消や幼保一元化などの「保育サービス」の2本柱。

 幼稚園と保育所を一元化した「認定こども園」も358カ所から2000カ所以上に増やす。ビジョン実現に必要な予算額や財源には言及していない。【坂口裕彦】

【関連ニュース】
厚労省:学童保育の補助継続へ 「待機」多く方針変更
少子化対策:認可保育所の定員年5万人増へ 来年度から
難病:「保育園に」署名提出へ 東京・立川
看護師:月1時間勤務でもOK…札幌の医療法人が新制度
保育新制度:待機児童解消へ 都がパートタイムの親対象に

足利事件再審公判 聴取テープを再生 菅家さん否認の別件(毎日新聞)
16歳の少女を2カ月も“支配” 33歳男のゆがんだ欲望(産経新聞)
京大教授が小学校で「イネ」テーマに“出前授業”(産経新聞)
11年度以降は拒否=子ども手当の地方負担−知事会議(時事通信)
国勢調査、都内ではネットによる回答も可に(読売新聞)

同じ型の靴底公開=時効まで半年−八王子スーパー3人射殺・警視庁(時事通信)

 東京都八王子市のスーパーで1995年7月、アルバイトの女子高校生ら3人が射殺された事件で、警視庁八王子署捜査本部は28日、現場に残された靴跡と同じ型の靴底を公開した。
 捜査本部によると、現場に残された靴跡はサイズが24.5〜26センチ。「デポ」などの商品名で製造された靴とみられる。90年ごろから1足7800円前後で販売されたという。
 事件は公訴時効(15年)成立まで約半年となっている。 

社民党大会閉幕、国対委長と政審会長人事先送り(読売新聞)
7億円詐取容疑で近ツー元社員を逮捕 大阪地検(産経新聞)
自民・大島氏「名護市長選の前に主張すべき」 官房長官発言を批判(産経新聞)
<準天頂衛星>1号機の愛称「みちびき」に JAXAが発表(毎日新聞)
桑田真澄さんの元義兄を詐欺容疑で逮捕 (産経新聞)

4億円不記載 「大久保容疑者が了承」 石川容疑者ら供述 寄付偽装も報告(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる収支報告書虚偽記入事件で、事務担当だった元私設秘書の衆院議員、石川知裕容疑者(36)が東京地検特捜部の調べに対し、会計責任者だった公設第1秘書の大久保隆規容疑者(48)に虚偽記入を事前に相談し、了承を得ていたと供述していることが21日、関係者への取材で分かった。

 石川容疑者の後任の元私設秘書、池田光智容疑者(32)も経理操作を認め、陸山会が平成17年に小沢氏関連の2つの政治団体から受けたとしている計2億8千万円の寄付を装ったことも大久保容疑者に報告したと供述しているという。

 特捜部は、大久保容疑者が石川、池田両容疑者の虚偽記入容疑に深く関与していたとみて、小沢氏の認識や了承の有無などについて調べている。大久保容疑者は「知らない。指示したり、報告を受けたりしていない」と否認している。

 関係者によると、陸山会は16年10月29日、東京都世田谷区の土地を約3億5200万円で購入。石川容疑者は「ほかの政治団体などから金を集めればまかなうことはできたが、使ってしまうと今後の活動費に響く。大久保さんに相談し、4億円を先生から借り入れることになった」と供述しているという。

 石川容疑者がこの4億円を16年収支報告書に載せなかったことから、つじつま合わせの会計処理が必要となり、池田容疑者がその一環として土地登記直前の17年1月5日、小沢氏関連の政治団体「民主党岩手県第4区総支部」「小沢一郎政経研究会」から計2億8千万円の寄付を受けたよう偽装した、としている。

<詐欺グループ>廃業業者からの名簿流用 保護法の対象外(毎日新聞)
振り込め詐欺 日中混成グループが暗躍 警官名名乗り(毎日新聞)
警察署職員へのパワハラ、都に165万支払い命令(読売新聞)
窃盗 高級貝タイラギ、大量になくなる 佐賀の海で養殖(毎日新聞)
室内物色、気づかれ殺害か…59歳男再逮捕(読売新聞)

<ハイチ大地震>現地で活動、熊谷さん帰国「水と食糧必要」(毎日新聞)

 大地震に見舞われたハイチから、名古屋市のNGO「ハイチの会」のメンバーで、愛知県春日井市の熊谷雄一さん(33)が23日、中部国際空港に帰国した。熊谷さんは「帰ってきても緊張している。現地では何もできなかった」と被害の大きさに触れ、「日本でできることをしたい」と話した。

 同会は86年の設立で、ハイチで識字教育や農業支援などに取り組んでいる。震災当時、熊谷さんは首都ポルトープランスの近くでマンゴーの木などを育てる活動に当たっていた。

 熊谷さんによると「現地の人たちとバナナ畑に向かう途中、前方でほこりが舞い上がり地震だと知った」という。居たのは震源地から10キロのレオガン市。日本大使館まで徒歩などで行き、隣国のドミニカ共和国に避難した。

 熊谷さんは「首都では多くの遺体が白い布に包まれ横たわり、150万人とも言われる人が苦しんでいる。ハイチの人たちはわずかな財産も無くし、残ったのは命しかない」と現地の様子を語り、「まず水と食糧が必要だ」と訴えた。

 空港には、同会代表の中野瑛子さんと両親らが出迎え、父哲治さん(60)は「無事帰ってきてくれホッとしている」と喜んだ。【河部修志】

小沢氏が4億円不記載了承…石川議員が供述(読売新聞)
翻訳家、作家の柴野拓美氏死去(時事通信)
経済、安保で質疑=衆院予算委(時事通信)
「選択と集中」が奏功、通期予想2度目の上方修正―メデカジャパン(医療介護CBニュース)
足利事件 テープ再生 「虚偽自白」生々しく(産経新聞)

巨人加治前選手、野球用具盗まれる=駐車中の車から−神奈川(時事通信)

 22日午前6時すぎ、神奈川県厚木市のホテルに滞在していたプロ野球巨人の外野手加治前竜一選手(24)から、「車上荒らしに遭い、ゴルフクラブや野球のグラブなどを盗まれた」と110番があった。同市では高級乗用車からゴルフクラブなどが盗まれる被害が多発しており、関連を調べる。
 厚木署によると、盗まれたのはゴルフクラブ14本、グラブ1個、バット6本、スパイク2足など、計約30万円相当の用具。
 加治前選手は21日、ゴルフのため厚木市を訪れ、ホテル近くのコインパーキングに車を止めていた。22日早朝、車が荒らされているのに気付いたという。 

【関連ニュース】
【特集】昭和 野球のアルバム〜V9と、その時代〜
【特集】波乱万丈 野村克也
【特集】プロ野球 笑える?事件簿
【特集】高校野球 戦国MAP
【特集】ドラフトの悲喜劇・昭和編-プロ野球2世代写真展

普天間移設 5月までに解決確信…イノウエ氏、首相と会談(毎日新聞)
陸山会の土地購入費、石川議員が通帳に目印「住」(読売新聞)
桑田元投手の父宅が全焼=男性遺体発見−浜松(時事通信)
<消費者庁>新手の詐欺的商法で対策チーム 22日に初会合(毎日新聞)
<日本マクドナルド>社員の「過労死」認定 東京地裁(毎日新聞)

<豊浦町長選>新人と現職が届け出 北海道(毎日新聞)

 任期満了に伴う北海道豊浦町長選が19日告示され、新人で元町議会副議長の石沢清司氏(60)=無所属=と現職で3選を目指す工藤国夫氏(65)=同=が立候補を届け出た。2人の一騎打ちとなる見込みで、過去2回は工藤氏が無投票当選をしており、選挙戦は12年ぶり。投票は24日で即日開票される。【新庄順一】

ほかの信者も「治療」に参加=医療放棄の長男殺害−福岡県警(時事通信)
渡部氏、小沢氏進退は世論見守る=政府・民主内で発言相次ぐ(時事通信)
弘道会系組幹部を逮捕=偽バイアグラ販売容疑−愛知県警(時事通信)
「地域の神様」「単なるお守り」=雅楽、みこの舞いも−市有地の神社・政教分離訴訟(時事通信)
<脅迫容疑>民主党本部に銃弾?入り封筒 テレビ朝日にも(毎日新聞)

<交通事故>大学生はねられ死亡 横浜(毎日新聞)

 16日午前4時55分ごろ、横浜市戸塚区原宿4の国道1号を歩いて横断していた同区戸塚町、大学4年、村井謙太郎さん(23)が、同市金沢区並木、運転手、美坂範男さん(46)の大型トラックにはねられ、全身を強く打って間もなく死亡した。

 神奈川県警戸塚署によると、現場は片側2車線の直線道路で、横断歩道はなかった。村井さんは、植え込みのある中央分離帯を越えて車道に出たところではねられたという。【木村健二】

【関連ニュース】
衝突事故:バイクの高校生ら死傷 東京・江戸川
交通事故:降雪でスリップ パトカーなど5台追突 飛騨
交通事故:自転車の高2、車にはねられ死亡 愛知・豊川
ひき逃げ死:救助男性の目前に後続車 福島・いわき
首都高:逆走し衝突、91歳男性が死亡、3人けが…東京

<亀井金融相>政治資金規正法の緩和を(毎日新聞)
強盗に縛られ4日半、62歳男性助けられる(読売新聞)
特捜の強制捜査、首相は小沢氏擁護の姿勢(読売新聞)
<虚偽記載容疑>3人の拘置決定 「陸山会」の土地購入巡り(毎日新聞)
<フェリー座礁>2漁協 船体撤去と漁業補償案受け入れる(毎日新聞)

-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。